携帯の電波は入りますか?

大きな賃貸マンションではあまりこういったことはないですが、小さなワンルームマンションや都会から離れた場所の賃貸マンションなどでは、携帯の電波が入りにくい部屋もあります。いざ住んでみてから、携帯がつながりにくく電話やメールが部屋でできないという人も、意外と多いものなのです。物件の案内では、ついつい建物の間取りや設備などに気がいってしまいがちですが、携帯を取り出してアンテナが立っているかを確認することも忘れないようにしましょう。

日当たりの確認は大切

賃貸物件を案内してもらう際に、案内の時間帯によって部屋の明るさが違ってきます。例えば仕事終わりに夕方以降に物件を見に行った際は、もう日も落ちているものです。そうすると、昼間は果たしてその部屋にはどのくらいの日差しが入るのかということが分からないですよね。これは雨の日の案内でも同じです。住むにあたって日当たりというものは非常に大切になってくるので、できれば午前中と夜、雨の日と晴れの日など、状況の違うときに二回は物件を訪れて日当たりの確認をしておきたいものですね。

エアコン設置の確認について

賃貸物件によっては、エアコンが初めから備え付いている所もあれば自分で付けなければいけない所もあります。自分でエアコンを用意する際には、エアコン設置用の穴の場所の確認も必ずしておくようにしましょう。寝室にはエアコンの穴があっても、キッチンには穴が見当たらない場合などもあり、その際にはウインドエアコンにしなくてはいけないか、もしくはエアコン設置ができないという場合も出てきます。住んでみると季節によって非常に暑かったり寒すぎる場所もあるので、エアコンに関しても管理人にきちんと確認しておくようにしましょう。

シュレッダーとは、個人情報など大事な書類を処分する際に使用する機械のことで、情報漏えいの防止になります。