新入社員は不安が一杯

企業の中には、忙しくて新入社員にかまっていられない人もいますよね。上司が新入社員への担当者を付けても、その担当者がしっかり教育しない事も良くある話しですよ。研修を行って、新社員の不安を払拭させ、自信を付ける事が大切です。営業の場合は、実際に営業を行わなければ分からない事もあるため、社員が擬似的に営業先の人物を演じて行う事もポイントの一つですよ。特に、マナーは大切であり、たとえ、新入社員であろうとも、悪い印象が企業全体に影響を及ぼす物であり、一般的常識であるマナー以上のマナーを付けさす事が重要です。

電話の研修は、新入社員全員へ

電話の研修と言うのは、一般的に電話担当の方が行う物ですよね。ただし、何時、電話を取らなければならない状態が現れるかもしれません。電話を定期的に取らない人にとっては、抵抗感が生まれる事もあるため、必ず、新入社員全員に行わせる事が大切ですよ。電話は、相手の姿が分からないため、神経を尖らせ頭をフル回転させ、イメージを高める必要性がありますよね。言葉の覇気がなければ、覇気の無さが強く現れる物であり、逆に覇気のある話し方は強く良い印象を与える事が出来ますよ。

コミュニケーション能力を高める研修を

仕事を最低限遂行できる内容を新入社員に覚えさせれば、問題が無いと思う企業は、その考え方に問題がありますよ。コミュニケーション能力の無い社員とは、暗いイメージを与えてしまう物ですよね。これが、毎年続いていけば、コミュニケーション能力の無い、社員が増えてしまう事にもなり、社内の雰囲気が暗すぎる企業へと変わってしまう可能性だってありますよ。新入社員にコミュニケーション能力を身につけさせれば、次の年の新入社員に対しても良い影響を与える物であり、企業を大きく成長させるためには必ず必要な研修と言えるでしょう。

社員研修は宿泊を兼ねて行う場合は専門業者に外部委託をして農業体験やマナー講習を行うケースが増えています。